FC2ブログ

パピヨン地球旅行中

楽しいこと大好き♪ 不思議なこと大好き♪♪ 地球を愛と笑顔でいっぱいに♡

2018.4 インド旅日記 3 アムリトサル/ゴールデンテンプル【夜編】  

午後5時、いざゴールデンテンプルに向けて出発。


IMG_6730.jpg

・・・その前に、ホテル前のスィーツショップをチェック。

おいしそうなお菓子が並んでいます。買いたいのをグッとこらえて、


IMG_6735.jpg

オートを拾うべく歩きはじめる。


IMG_6743.jpg

世間は通勤ラッシュ時刻。。。満員のオートばかりが目の前を通り過ぎて行く。

やっと一台のドライバーさんが『どこまで?』と聞いて下さり、乗合状態で乗車。

ラッシュ時は強気の料金で、交渉の余地なしという事を知る。

乗れるだけでもラッキーな交通状況なのです。


IMG_6745_20180508175348a56.jpg

アムリトサル駅前。

空気が悪く、ターバンにマスク姿をよく見かけました。


IMG_6755_2018050817534903d.jpg

乗合オート、初めてだったけど、

乗客を降ろしながら行くので結構回り道になったりするのですね~。

ジモティーが払っている金額と、自分たちの金額がかなり違うことも知る。


IMG_6758_201805081753516f8.jpg

何かスローガンを連呼しているグループが。


IMG_6759.jpg

ゴールデンテンプルまでの7~800mは車両乗り入れ禁止。

通りに設置されているスピーカーから流れる、シク教の賛歌に癒されながらテクテク。


IMG_6760.jpg

わんこちゃん達も音楽に癒されてるのかな?


IMG_6761.jpg

到着♪


IMG_6762.jpg

人々の流れについて行き、


IMG_6763.jpg

靴を預けます。引き換えに預かり証を渡されます。


IMG_6764.jpg

靴預かり所の前で。なんだかみなさん穏やかなの~。


IMG_6767.jpg

レンタルで用意されている布をお借りして髪の毛を覆い、手を洗って、


IMG_6766_20180508175358a70.jpg

足も洗ってからいよいよ寺院内へ。


IMG_6770.jpg

わぁ~、ついに来たよぉ・・・♡♡♡


IMG_6779_201805081754031ec.jpg

感動のあまり、ただただぼーっとたたずむ(笑)


IMG_6781.jpg

思い思いに過ごす方達。


IMG_6782_20180508175406239.jpg

この場所にいるだけで、


IMG_6784.jpg

賛歌に癒され、心地良い。


IMG_6786.jpg

甘露の池中央の聖堂に入る人々が、長い行列を作っています。


IMG_6787.jpg

入りたくて列の最後に並んでみましたが・・・

どれくらいの時間がかかるのか見当もつかず断念(泣)


IMG_6788_20180508175509efa.jpg

日が沈み、ライトアップされてますます美しい輝きに。



IMG_6790_201805101805503a4.jpg

額づいて礼拝する人たち。


IMG_6792_20180508175511b03.jpg

その真摯な姿に胸を打たれます。

ひとしきり浸った後、


IMG_6793.jpg

無料でふるまわれるご飯をいただきに、


IMG_6794_20180508175512cc1.jpg

ランガルホール(無料食堂)へ。


IMG_6796.jpg

入り口で食器を渡され、食堂の床に座って少し待っていると配膳されます。

豆カレー、おかゆ、クミンライズ、チャパティ。

日や時間帯によってメニューは異なります。


IMG_6798.jpg

おかわり自由。ついで下さる方が回って来て下さいます。


IMG_6799_2018051018185861e.jpg

人種も宗教もカーストも男女も社会信条も関係なく、みなで家族のようにいただく。


IMG_6803.jpg

なんかええなぁ(泣)


IMG_6806.jpg

ありがたくいただいた後は、食器を返却。


IMG_6808.jpg

ボランティアさん達が、


IMG_6807.jpg

食器を洗って、


IMG_6810.jpg

後片付けをしてくださっています。


IMG_6811.jpg

食事の後、


IMG_6812.jpg

再度寺院内へ。遠くに黄金の輝きが♪


IMG_6814.jpg

夜が更けると、輝きが増してキラキラになるのですね。なんて美しいんだ(泣)


IMG_6828_201805081755264a3.jpg

全景はどう頑張っても写しきれませんが、


IMG_6829_2018050817552775e.jpg

どの角度から見ても、


IMG_6834_20180508175529e13.jpg

美しすぎてうっとり♡


IMG_6823.jpg

寺院内には何か所か聖なるスポットがあり、


IMG_6822_20180510201741c50.jpg

額をつけて祈る人々の姿がありました。


IMG_6833.jpg

かなりの時間座り込み、聖なる音楽のバイブレーションに浸り、


IMG_6825_20180510185029963.jpg

心地良過ぎてホテルに帰れなくなりそうでしたが・・・何とか無理やり帰る(笑)


IMG_6835.jpg

お借りした髪の毛を覆う布は、出口のカゴに返却します。


IMG_6836.jpg

寺院前の広場には、まだたくさんの人々が。


IMG_6838.jpg

通りのお店もそろそろ終了時刻。


IMG_6840.jpg

帰りもテクテク歩いて、


IMG_6841.jpg

オートを拾う。


IMG_6842_20180508175551c29.jpg

クラクションビービー、


IMG_6844.jpg

カオスな通りに、


IMG_6849.jpg

一気に現実に引き戻される(笑)


IMG_6852.jpg

暗くなるとデンジャラスなインド。

おりこうさんに早目にホテルへ帰りましたが、でもやっぱり夜はヤバイ。

油断は禁物なのダ。




関連記事

category: インド旅話あれこれ 2018年4月

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://papillon333.blog.fc2.com/tb.php/531-5534c378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)